FWLOG

「奈良へ行こうか」その12
091220_1549~01.jpg

信貴山は朝護孫子寺。
空鉢堂と呼ばれるお堂付近に信貴山城跡の石碑があるらしい。
戦国武将はお恥ずかしながらあまり詳しくないのですが、
詳しい人から聞かされた松永さんが何か気になるぜ!!平蜘蛛!爆発!

という感じで松永久秀関連ワードをブツブツと呟きながら登山開始。
しかしさすが「徒歩30分」レベルともなるとなかなかのお道で…。
奉納された鳥居と、時々目に付く稲荷さんの祠が正直怖い。


この日の朝は東大寺で雪降られてた訳で、山は登れば気温下がる訳で。
登れば登るほど何故か何でここまでしてるのかわけ分からんくなってくる不思議…



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その11
091220_1529~01.jpg

奈良記再開(汗)!


斑鳩方面からしばし車で山を登ると、
信貴山山腹に建つ「朝護孫子寺」に到着。

聖徳太子の物部守屋討伐の戦勝祈願伝承に基づく形で
境内の参詣道の至るところに虎の張り子や像なんかが置かれています。
大阪府にも属しているとなると阪神タイガース選手団による戦勝祈願は
言うまでもなく…

信貴山朝護孫子寺は結構メジャースポットとのことで、
近鉄沿線の初詣ポスターにもなっていました。
あと、今年の「ゆく年くる年」にもやはり寅年とあって堂々と登場してました。

到着した一行は境内を散策しながら、目的の
「空鉢堂」への入り口を探すことになったのですが…

「あ、地図あるよ〜空鉢堂探してー(友人A)」

「……なあ、空鉢堂あったけどむちゃくちゃ山の上じゃない?(友人W)」

「徒歩30分て書いてあるように見えるんだが」


…………(゜∀゜)



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(2)
「奈良へ行こうか」その9
091220_1329~010001.jpg

尼ヶ辻で団子をゲットし、車内から奈良の風景を眺めながら一行は唐招提寺へ!

昨年11月に訪れたときも更新しましたが、落慶法要が終了したので
現在は金堂がようやく拝観出来るようになってます。
脱活乾漆のご本尊・廬舎那仏をようやく生で…!


ずっと落慶法要後を楽しみにしてた母親が
病気の関係でもう来れなくなってしまい
まー、そんなことも有りじっくり見物。


ほんとにねー、
自分の足で色んな場所の土踏めるっていうのは。
自分の目で見れるっていうのは。



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その10
091220_1039~01.jpg

唐招提寺を出て、次はどこへ?ということになり
(東大寺と唐招提寺以外は適当に当日決めるかっていういつものアバウト予定)

じゃあ、前から気になってた松永久秀のゆかりの場所行くか!てことに。

向かうは大阪・奈良県境の信貴山です。
その前に大和郡山に寄って街並みを眺めて周回し、コンビニで飲み物など調達。

この時、午前中降り続いていた雪は止んでおり、まぁ天候は心配ないかな…などと
冬型の気圧配置がどういう天気の変化をもたらすかを完全にナメて
かかっていた一行。

そんでもって、いつも普通にしてれば特にしんどい思いをすることもないのに
目的地が悉く一般コースをはずれまくる大学ゼミフィールドワークを
経験してきたメンバー4人が、信貴山で普通の参拝など出来るはずも無かった…


続くよ!!


写真は大仏殿内にいる銅製の蝶(?)。
足8本あって昆虫ではないことになるんで、
この世の生き物じゃないってことを表してるらしい。

posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その8
091220_1308~010001.jpg

東大寺周辺を大体散策し終え、お腹も空いてきたので
近くの観光客向けのお店に入って全員でカレー(笑)。
そのお店、数々の鉄道模型が店のド真ん中に作られた巨大ジオラマの上を
高速で移動しているという、鉄道ファンには堪らない(?)レストランでした。
しかしジオラマを囲んだカウンター席しか無いので、
図的には電車が走ってる光景をガン見しながらご飯を食べるという感じに……

サンダーバードの「金沢」の字が確認出来たときの嬉しさが(笑)


大仏も見れたことで大体満足いった様子の友人Aが、
「尼ヶ辻にあるお団子屋さんに行きたい」
と言い出したので、唐招提寺に行く前に寄ることに。

いつも車を出してくれる奈良の友人Fくんに感謝しつつ移動。


(写真は唐招提寺)続
posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その7
091220_1122~01.jpg

今回私的に見ておきたかった二月堂前の「ア伽井屋」。
(アの部分携帯変換出来ず…汗)

「アカ」とは仏に手むける水のことで、お水取りの際この中の「若狭井」から水を汲み上げます。
で、「若狭井」の名前なんですがその関係は、お水取りの行事に向けて3月のはじめ、福井・小浜の「鵜の瀬」という場所で「お水送り」という行事が行われるんですよ。つまりは「お水送り」で「お水取り」に使用する水を若狭から奈良・東大寺まで送るっていう。

水は10日かけて東大寺に届くそうなんですけど、何より若狭の鵜の瀬と東大寺のア伽井屋若狭井は地下で繋がっている、というのが非常に面白いです。

大学時代から鵜の瀬のお水送りは一度行きたいですね〜、と恩師と言い合っているのですがなかなか予定が合わない感じで。一応今年も狙ってはいますです。

でで、この「お水送り」が行われる鵜の瀬の若狭彦神社は別名「遠敷(おにゅう)明神」と言いまして。「おにゅう」の読み方からも分かる通り、丹が出た土地から名前が来ているという説も有ってですね…(実際若狭地方では丹が産出されていたようです)

これらの行事から東大寺と若狭の関係を紐解く中で、「丹」というキーワードがチラホラ顔をだすのが。うあー楽しいー


ほんと勉強しよう……(汗)



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その6
091220_1108~010001.jpg

次は二月堂へ行くわよ!

実は私も二月堂ちゃんと来るの初めてで。
何故いつもスルーしていたんだ…

有名なお水取りは二月堂が舞台です。



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その5
091220_1047~01.jpg

東大寺は個人的に興味のある分野によく関連してくるため何度来てもやる気がメラメラと。全国の国分寺・国分尼寺の総本山でも有りますしね…

奈良県は北から南まで本当に創作意欲を誘発させるものが揃っていて(寺社仏閣、形あるものに限らず)凄まじい。歩くと色んな風景を想像してしまう。



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良へ行こうか」その4
091220_1032~010001.jpg

大仏はあん中だよ!あそこ以外どこに入ってんだよ!

ということで、拝観料を支払って大仏殿に。
友人Aのテンション上昇に呼応するかのように雪が舞い散る…!
有る意味雪の東大寺は貴重なんですけども……


ブーリーザーードブ〜リザ〜ド♪(あの曲)



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
「奈良に行こうか」その3
091220_1025~01.jpg

近鉄奈良駅、奈良国立博物館前で2人と合流、計4人でまずは東大寺へ。

雪は降り続いておりました。
奈良でまさかの今冬初雪。

嬉しいけど寒いぃぃぃぃ

こういう時に限ってフード着いてないコートとか着てるという。
傘…そんなものは、無い(笑)

鹿の群れをくぐり抜け、
相変わらずの南大門のデカさに圧倒され、
いよいよ大仏殿へ…!

友人A「で、大仏どこにあんの?吹きさらし?」


………(°□°)



posted by 睦月ムンク | 奈良へ行こうか(09年12月) | comments(0)
Infomation
出張版ムログ
不定期更新の写メ記
気が向いたら雑記も更新

スマフォに変えてから打ち間違えや自動変換のまま送ってしまうことでいつも以上に誤字が加速してます(笑)

限りなく趣味ログですが「こういうのが絵に繋がってんのね」という感じで気楽に見ていただけるとこれ幸い。
Web
本サイト/m.matter http://munku.sunnyday.jp/
本家 twitter
Entries
Categories
Archives
Comments
Bookmarks
Recommend
Others